米Amazon.comのAIアシスタント「Alexa」がユーザーの会話を録音し、それをユーザーの連絡先の1人に送ったと、シアトルのメディアKIRO 7が5月24日(現地時間)、被害者の報告に基づいて報じた。

シアトル在住のダニエルさんは、自宅のすべての部屋にEchoシリーズを置いて利用していたが、ある日夫の部下から電話で「今すぐAlexa端末の電源を切ってください。盗聴されていますよ」と連絡があったという。この部下は夫の連絡先リストに載っており、電話でダニエルさん夫妻の会話を受信したと説明した。

日本ではまだ使えないが、Echoシリーズでは、登録してある連絡先を指定して相手にメッセージを送ることができる。

ダニエルさんがAmazonにこの件を問い合わせたところ、Amazon側での調査結果も報告と一致したと認め、「30分の会話で15回謝罪した」が、原因などについての説明はなかったという。

(Amazonのジェフ・ベゾスCEOがオーナーであるThe Washington Postの取材に対して同社は、「Alexa」のように聞こえる音声で起動したEchoがその後の会話の中で「メッセージを送信」と命令されたと受け取ってしまい、その段階でAlexaは「誰に?」と尋ねたが、続いている会話の中からユーザーの連絡先リストにある人の名前を聞いてしまったと説明した。

Amazonは、このようなことが連続して起きるのは非常に珍しいことではあるが、再発防止のために対策中だと語った。

この記事を見て、Google はアンドロイドの端末の会話を、Apple は iPhone の端末の会話を、Microsoft は Windows Phone の端末の会話を録音してて、言語音声学のデータとしていたという噂を思い出した。

これは社員なら公然の秘密というか、よく聞く話であり、盗聴というか各社録音はしていると思われる。

技術的に見ても、一旦音声データをデータセンター等のサーバーに送ってから解析する必要があり、その時点で音声データは各メーカーに送られているのだ。

ただし、製品を使う際に同意した書面の中を細かく見るとこういった各社の動向について同意しているはずである。

Facebook でもあった事例ではあるが、個人情報は各自で守っていくしかないのである。

 alexa 1

会社の同僚や上司に会話が聞かれていると思うと安心して眠れないのである。


wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です