転職情報において面接試験は必ず行われるものですが、その中で最も聞かれる可能性が高いのは志望動機です。
面接官が面接試験で最も重要視しているのは、応募した人がどのくらい働きたいと思っているのかという意識の高さです。
求人に対して応募してきたのですから、ある程度は動機を持っているはずですが、その中でもより意欲の強い人を、採用したいと思っているものです。
自己アピールも大事ですが、志望動機はより的が絞られているので、面接官も評価がしやすいという面があります。
あけすけな言い方をすれば、別にこの企業でなければいけないということはなく、給料がよくて休みが多いところがいいという人もいます。
ただあまりにも正直にそのまま伝えてしまうと転職に失敗してしまう可能性は高くなるので注意が必要です。
面接時に志望動機を言う時に大事なのは、マイナス面ばかりではなくプラス面を主とした内容にすることです。
前の会社の労働条件が悪かったことではなく、もっと責任のある仕事がしたいなど、新しい会社に入社してからの事を話すと良いでしょう。
ポジティブな展望を話巣事と共に、具体的な志望動機を提示することが、説得力のある自己PRにつながります。
ただ仕事を頑張るといった言葉だけでは、面接官に気持ちが伝わりませんので、ここで何をしたいのか、どう頑張りたいのかを具体的な内容を添えて説明しなければなりません。
ただし、給与や、祝日、勤務時間等を志望の動機として話すのは即物的過ぎますので、面接官の評価が、かえって下がってしまう可能性があります。
良い印象を与えためには、本音を入れながら上手くアピールできるような志望動機にすることが重要になります。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です