転職をしたいと思うきっかけの多くは、今働いている会社では貯金が貯まらない、体力が続かないという、後ろ向きな動機が少なくありません。
人間関係、給料面のほかにも職場の雰囲気など、今現在勤務している会社で、どうしても我慢できないことが、転職の動機になる場合もあります。
しかし、転職の動機の中には、今の会社を脱出したいという思いからではなく、勤めたい会社を見つけたからという前向きな動機もあります。
あるいは、現在の仕事より期待度の大きい、技術や経験が求められる仕事に挑戦してみたくなったという方もいます。
今の会社を退職して、新たな職場で仕事をしたいと考えるようになる動機は、一人一人の置かれた環境によっても違います。
会社の立場からすれば、人を採用したらずっと勤めていてほしいと思います。人材不足では、会社の運営に差し障るためです。
そのため、前の会社を退職した理由が自分本位なものだと、次の会社に採用されづらくなってしまいます。
転職で面接を受ける際に気をつける点は、たとえ本当のことであったとしても、絶対に前の会社の不平不満を言わないことが大切です。
モチベーションの高さをアピールするには、前の会社も前向きに取り組んできたように話すことです。
面接を攻略するための書籍は色々と出版されていますが、内容を鵜呑みにしすぎないように注意しましょう。
面接担当者に強い印象を持ってもらうためには、マニュアルの内容を淡々とこなすだけでは務まりません。
転職を志した動機は全て前向きな言葉におきかえて、これからやりたいことや、自分の能力でできることを、積極的に話すようにするといいでしょう。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です