まず希望の職業を決めることが就職活動では大事ですが、その気に気になることの一つに、職業ごとの収入があります。
就職活動では、候補になる職業をチェックした上で、どんな仕事につきたいかを明確にするという手順が必要です。
どんな点を比較するかは人によって違いますが、もしも職業を収入で比べようという時には、気にかけておきたいことがあります。
高収入と言われて思い浮かぶ職業はいくつかありますが、それが事実かはまた別問題です。収入が高いだろうという印象を持たれている職業がありますが、その職業についた人全員が高収入であるとは限りません。
その職業についている人の中で高収入の人はいるけれども、必ずしも全員ではないこともあります。
あるいは、収入は確かに高いものの、一生続けられるような職業ではなく、職業寿命が尽きてしまうような職業もあるようです。
高い収入を期待してその仕事を始めたけれど、なかなか収入が軌道に乗らないという人もいるようです。
収入が高い職業につくことができても、定年まで働くことができない仕事なら、生涯賃金は低くなるでしょう。
長く働くつもりでその職業についたものの、働くようになってからようやく、長くは続かない職業だと感じることもあります。
長期間にわたって同じ会社で働き続けることで給与が上がる可能性もありますので、そうやって収入を増やす道もあります。
職業の中には、スタート時点から収入が高いものもありますが、長く続けることで収入がふえていくものもありますので、よく考えて決めることです。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です