食事とは、栄養摂取だけが目的ではありません。

美味しいものを食べたい、食事を楽しみたいという気持ちを持つ人は大勢います。

食事では、適切なカロリー量で、栄養バランスも考えることが重要です。

カロリーオーバーの食事を続けていると、メタボや、肥満、動脈効果などの原因になります。

健康のためには、食事は切っても切れない関係にあります。

どうして、食事からの栄養摂取が、人体にとって大事なのでしょうか。

栄養摂取とは、一般的には1日3回の食事で補うものです。

栄養を摂りすぎると、不要な脂肪か体内に蓄積されます。

体重が増え、肥満体型になるだけでなく、血液を体の隅々まで送り出す心臓のポンプに負荷がかかります。

生活習慣病を未然に防ぐためには、食事の内容を見直し、カロリー過多な食事を避ける必要があります。

急激に食事の量を減らすと、それはそれで体への負担になります。

緊急事態が発生したと思った体は、代謝の低い体質になってエネルギー消費量を減らそうとします。

食事量が減っても、すぐに命に支障が出ることがないように、人体は代謝をひき下げて、少ないカロリー消費で体の機能を保てるようにします。

そのため、ダイエット効率が低下します。

結果的に、少ないカロリーを燃やし、多くのカロリーを蓄積しようとすることで、体重は横ばいか、増加し始めます。

ダイエットをしている人の多くは、食事の量を極端に減らそうとします。

しかし、急激に栄養の摂取量が減ると、体は緊急事態だと認識してしまうのです。

体が飢餓状態に陥らない程度に食事の量を変え、栄養の摂取を継続することが大事です。

摂取したカロリー量と、消費したカロリー量の兼ね合いが、人の体をつくっています。

これまでの食事量をいきなり減らすということはしないように気をつれて、食事量を適正なものに調整しましょう。

カテゴリー: ダイエット

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です