最近はサプリメントを利用する人がふえており、食事で足りない栄養をサプリメントで補填しています。

日常の食事で、レトルトや、インスタントものを使う人が増加しています。

仕事や、日常の用事で予定がいっぱいの人は、自炊をする時間も十分に確保できませんし、栄養の偏りを考えることも、結構な手間がかかります。

アメリカやヨーロッパのような、乳脂肪分や肉類の多い食事をする人が増加しています。

食事だけでは不足しがちなビタミンやミネラルを、サプリメントを使って摂取することは一般的なことになりつつあります。

サプリメントでビタミンやミネラルを補給しているから、食事からの栄養摂取はしなくてもいいと思い込んでいる人もいます。

サプリメントは栄養補助食品であり、メインはあくまで食品となります。

まずは食事からの栄養補給を心がけましょう。

第一に食事、第二にサプリメントと考えて、サプリメントは補助的なものに留めましょう。

サプリメントを使う人が増えた背景には、栄養学の研究が進んで、栄養素と食物と健康との関係が解明されつつあるためです。

けれども、食べた物が吸収されてどんな物質に変わっているのか、それが体でどう使用されているかはわからないこともあります。

サプリメントで栄養を補給すれば、完全に食事のかわりになるというものでは、現在のところはありません。

そのため、食事を一日三回きちんと摂り、栄養を補給することが望ましいのです。

できるだけサプリメントに依存しないようにして、食事で体に必要な栄養をまず摂取することを重視しましょう。

たんぱく質やビタミンなど、必ず健康のために獲らなくてはならないものは、不足分をサプリメントで補うようにします。

カテゴリー: ダイエット

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です