就職活動では、エコな分野の仕事をするために、公務員への就職を求める人もいます。
行政の仕事とは、簡単に言えば市民や公共サービスを提供するというものです。
行政の手掛ける環境に関わる仕事は、多岐に渡っています。
ゴミ処理や、リサイクル問題もエコに関わりますし、公害や環境対策、自然保護、一次産業に関係する仕事もエコに関係しています。
地域が抱えるエコな問題に対して、仕事として取り組めることが、地方自治体の魅力です。
大きなプロジェクトから小さな取り組みまで、地域には様々なエコな仕事が存在します。
もっと大規模な形でエコの問題に関係したいという人は、中央官庁への就職を目指してもいいでしょう。
環境省に入庁することで、環境問題に取り組むことができます。限りあるエネルギー資源をどう使うかは、経済産業省の管轄です。
エネルギー問題は、資源が限りあるものですから、これからもっと発展していく分野といえます。
一次産業に関わるという形でエコな仕事をする時は、農林水産省になります。
公務員試験に合格した人でなければ、中央官庁には入れません。
しかし、公務員試験の倍率は高く、時間をかけて試験勉強をしなければいけません。
入ることは大変ですが、日本の抱える環境問題に根本から取り組みたいという人は、中央官庁に入るという方法はとても魅力的です。
就職活動をする時には、どのような形でエコな仕事につきたいかを十分に検討した上で、必要な準備を済ませて取り組むことが大事です。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です