新卒者を対象とした求人を出している企業は多く、採用枠は拡大の一途をたどっています。
不景気の影響で新卒の採用を控えてい会社も、採用を開始している影響が考えられます。
新卒を採用する企業が多い理由は、学業で培ったノウハウを使える状態にあるためです。
使わずにいれば、記憶は徐々に摩耗していきます。
卒業して間もない状態の人ならば、学生時代に授業で得た経験や知識を、そのまま持っているものです。
未知の事柄を体験し、新たな知識を取得してもらうには、年配の人よりも若い人のほうが適しているため、新卒者を採用するのです。
年齢による変化を回避できる人はいません。
身体スキルや、頭の回転がいいつもりでも、年齢を重ねるにつれ、自覚できない部分で能力は低下していきます。
ですが新卒なら若いので、物事を早く覚えられますし、テキパキと行動できます。
社会構造はどんどん変わってきていますので、スピーディに動き、順応性のいい新卒者は貴重です。
社会人として働いた経験が乏しい新卒者は、会社の色に染めやすく、その会社が求める人物像に近づきやすいともいいます。
新卒者が会社に加わると、社内のムードをよい方向に変えることが可能です。若者ならではの雰囲気が、会社に新しい風を吹き込みます。
新卒者が加わることで、年上の社員達は模範となれるように意欲が高まりますし、新卒者はそれを見て真摯に仕事に取り組むようになります。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です