一般的な価値観として、転職情報では転職回数が多ければ多いほど、転職に不利になるというものの見方がかつてはありました。
最近なって、転職している回数を重要視することは少なくなりつつあり、以前ほどマイナスの印象を与えることは無いようです。
一旦採用された会社を退職することは、よくないことをしているような印象がもたれがちでしたが、近年では転職への忌避感はなくなっています。
転職が、イコール、よくない印象ということはなくなっており、有能な人ほど引き抜かれて転職をしているという見方も定着しつつあるようです。
以前の価値観の一つに、転職をすると高い確率で待遇が悪くなり給与が下がるというものがありました。
その点、求人サイトが運営しているスカウト制度を使うと、今よりいい待遇での転職先を探すことが可能になってきています。
オファーシステム、スカウトシステムといった言い方をしますが、様々な求人サイトが積極的に提供しているサービスの一つです。
転職を希望している人が、自分の職務職歴やスキル、所持している資格などの情報を予め求人サイトから登録しておきます。
登録された情報は、人材を探している企業が閲覧できる状態になり、企業が関心を持った人材があれば、求人サイトを通じて声がかかるという仕組みです。
以前からある求人サイトの場合は、求人情報をネット上に掲示し、いいと思った求人に連絡をするというものです。
以前の形であれば、企業は応募者の中からしか選択の余地かありませんが、それでは応募者がわずかしかいない時は選びようがなくなります。
企業のほうからもアプローチをかけることができれば、転職希望者にとってもいい話ですので、転職サイトのこのシステムはとても重宝するものです。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です