就職活動では、採用試験のどこかの時点で、ほぼ必ず面接を受けて、突破しなくてはなりません。
緊張していつも通りの受け答えができないという心配もありますが、まずは落ち着いて面接に臨むことが大切です。
面接を受ける時には、大抵の会社でチェックされているといわれることがいろいろとあります。まずは、第一印象です。
ぱっと見たときの服装、髪型、表情などを見られています。
初めて会う人に対しては、外見の印象が一番最初にその人について知る情報になるためです。
見た目といっても凡庸か美人かという問題ではなく、社会人としてふさわしい身だしなみやマナーを持っているかです。
これから先一緒に仕事をしたいと思ってもらえるくらいの印象は、面接で持ってもらいたいものです。
どんな話し方をするかも大事です。どんな話し方をする人なのかで、その人の内面が推測できるためです。
その人のキャラクターが、話し方でわかることもあります。面接時には、面接官の手元には履歴書が置かれています。
履歴書に書かれている文字のきれいさでも印象が変わります。
きれいな字をかけていなくても、心をこめて書いた文字であれば、好感が持てるでしょう。
時間をかけて書いた履歴書だという印象が相手に与えられれば、熱意の強さという印象を受けます。面接をする時の心配ごとは、緊張の余り失敗するかもしれないということですが、面接では、緊張はする人のほうが多いのではないでしょうか。
就職活動を無事にやり遂げるためには、緊張気味でも、相手に聞かれたことに一つ一つ答えていくことが重要です。
少しくらい緊張してるくらいがかわいいものよ。。。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です