最近人気の職業、Youtuber ですが、ニートからゲーム好きが講じてゲーム系Youtuber になれるのか考察してみたいと思います。

まずは、ゲーム系Youtuberとは何か?を調べてみました。

ゲーム系Youtuberとは実際もしくはゲーム大会などの実況を行いYoutubeにアップロードしているYoutuberとのこと。

これは実況だけではなく新規機能やキャラクターの紹介も含まれるとのこと。

便利なサービスですよね。

新しいゲームが出るたびに先にプレイしてくれて一昔前の攻略本代わりのことをやってくれるわけで、かつ、無料です。

https://ytranking.net/tag/5/

を参照すると、非常にたくさんの方が同様のサービスを提供しています。

これってニートでもゲーム好きならYoutuberになれるんじゃないですか?

と思ってしまいますね。

ここで、Youtuber の構成図を確認してみたいと思います。

 

10 万以上の登録者数は全体に占める 13% ということがわかります。

13 % はそれほど低い数字とは思えません。

10 人に一人はこのくらいの登録者数を獲得できるということになります。

ゲーム系Youtuberで登録者数を増やすためには、以下が有効のようです。

①再生リストの作成
②カード、または終了画面をつける
③分かりやすいサムネイルをつける
④コメントの確認と返信
⑤英語を入れてみる

最後の英語を入れてみるとかすると、日本だけじゃなくて、海外のユーザーも視聴してくれることが期待できますので、有効かも知れませんね。

最後に

ゲーム系Youtuberになるためには、まずは、Youtuber にならないといけません。

https://shindanmaker.com/683428

ここに、あなたがyoutuberになれる確率を図るサイトがありましたので、記載しておきます。

ちなみに私の本名で図ると

42%の確率で人気youtuberになれます!

とのこと。

13%x42% = 5.46 % の確立でゲーム系Youtuberになれそうです。

ガリガリくんの当たり棒

1/25(=4%)

よりも高確率ですので、Youtuber を試してみるのも悪くないかも知れません。

大切なのはまずは試してみること!

だと常々思っています。

アラフォーゲイですが頑張っていきますのでよろしくお願い致します!

Youtuber よりゲームプログラミングのほうが自分には楽そうだなぁ。。。

 

 

 

 


wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です