ゲームプログラミングには興味があっても、どんなプログラミング言語でどんなゲームができるのかなかなか分かりませんよね。

特に自分で作ってみたい!という人は、それぞれの難易度なんかも知りたいところですが、なかなか調べるのは難しいでしょう。

そこで今回は「ゲームプログラミング」には主にどんな種類があって、どんな言語が使われているのかを解説していきます。

それぞれの言語の特徴や難易度を理解した上で学習してみてください。

ゲームプログラミングとは

Untitled design (14)

ゲームを作るためには「プログラミング」が必要になります。

プログラミングでゲームのストーリーやアクションを表現するんですね!そのためには、機械に分かりやすく、機械が理解できる指示を出してあげる必要があるんです。それに必要なのが「ゲームプログラミング」です。

ゲームをカタチ作る「ゲームプログラミングの種類」や「プログラミング言語」などそれぞれ適したものがあります。

それでは詳しく見ていきましょう!

主なゲームプログラミングの種類

まずはそもそもゲームプログラミングには主にどんな種類があるのかを見ていきましょう。

ブラウザゲーム

ブラウザゲームはインターネットに接続して「InternetExproler」や「GoogleChrome」といったブラウザを通して遊ぶゲームです。

リアルタイムなアクションや派手な演出はブラウザの性質上難しいですが、インストールが不要で利用者は手軽に始められるという特徴があります。

スマホゲーム

スマートフォンアプリとして遊べるように作られているのがスマホゲームです。近年のゲーム市場では、最も盛り上がりを見せています。

主にAndroid用とiPhoneのiOS用に制作する必要があり、オンライン接続を前提としたアプリも多いです。

コンシューマゲーム

コンシューマーゲームとは、「PlayStation4」や「NitendoDS」などの専用ハードを持つ家庭用ゲーム機です。

ゲーム機の性能を利用したハイクオリティなゲームを制作することが可能です。

最近ではオンラインに接続して遊べるものも増えています。

特定のゲーム機用にゲームを制作して販売するにはライセンス契約が必要になるため、小規模なゲームはほとんど制作されません。

PCゲーム

パソコンにインストールして遊ぶゲームです。

家庭用ゲーム機を買わなくても家にパソコンがあれば手軽に本格的なゲームを遊べます。

制作環境以外にライセンス契約等が必要ないため、クリエイターが個人で制作して販売する「同人ゲーム」等でもよく利用されています。

なお、パソコンのシェアの問題からWindows向けに制作されることが多いです。

オンラインに接続する事が前提となっている大規模オンラインゲームなどもあります。

VRゲーム

VRゲームとは、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現するゲームです。

圧倒的な臨場感を味わうことができます。

オンラインでも遊ぶことができ、マルチプレイを楽しむことができます。

「シネマティックモード」では、仮想空間の中にある巨大モニターでゲームや映画を楽しむことができす。

次の記事では

おすすめのプログラミング言語

をご紹介します。

 

<広告サイト>

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

Webデザイン入門オンライン講座

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

パーソナルメンターがつくオンラインブートキャンプ


wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です