栄養不足になる人が、最近は意外と少なくありません。

パンやスナック菓子だけで食事を簡単に済ませてしまう人や、レトルトやインスタントに依存した食事をしている人、忙しくて食事の時間がとれない人などです。

では、栄養不足のリスクかあるものとは、女性の場合は一体何でしょう。

鉄分とカルシウムが不足しないように、女性は特に注意をする必要があります。

女性は本来、男性に比べて骨の量が少なくできています。

妊娠、出産、授乳の中でカルシウムを子供に分けあたえてしまうこともあり、骨に含有していたカルシウムが少なくなってしまいます。

女性の場合は月に1度の生理があり、その時に体内の鉄分が一部外に出されてしまうようになります。

生理があるために、人生の大半が鉄分を失いやすい状態にあるというわけです。

洋食を好んで食べる女性が多くなっていることから、食物繊維や、ビタミン、ミネラルの摂取量が減少しています。

体重を減らしたくて、油分の少ない食事をしている女性の場合、ビタミンEが不足してしまうということもあります。

肩凝りや、冷え症の対策には、ビタミンEを含む食事をして血液の流れをよくする必要があります。

若返りの栄養素とも言われているので、女性はビタミンE不足にならないようにしたいものです。

ビタミンEを含む食材は、ナッツ類、さんまなどの青味魚、玄米などです。

栄養不足の状態になる女性は、心身的に調子が悪くなるだけでなく、実年齢以上に年をとって見えたりもします。

サプリメントで、体に必要な栄養成分を効率的に補給することで、女性の栄養不足に対するいい対策になるでしょう。

カテゴリー: ダイエット美容

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です