栄養を摂取することは、生きていくためには必須ですが、食べ過ぎが体の害になることがあります。

使い切れないカロリーを摂取し続けると、栄養過多で体重が増えすぎます。

体重がつきすぎると健康維持が難しくなりますので、食事を摂取する時は、必要な栄養量を超えないようにします。

太りすぎると、心臓に負担がかかります。

脂肪がたくさんつくと、心臓から体の先端までの距離が遠くなり、心臓がたくさん働かなくてはならなくなります。

過剰に栄養を摂取し続けると、体重が増えて、膝や腰への負担が大きくなります。

そして、体重が増え続けていくと痛みが出て、ひどい場合には歩けなくなったりする事もあります。

栄養を大量に摂取することで、体重が増えた結果、生活習慣病の症状が出るようになるという人もいるといいます。

生活習慣病は、脳卒中や動脈硬化などを引き起こす原因であることが指摘されています。

生活習慣病対策として、摂取する栄養を見直していかなければ、高血圧や高血糖の症状から、心筋梗塞や脳梗塞などが起きやすくなります。

特定の栄養が欠乏したり、多すぎたりしないように、量や内容に気を配って料理を決めるといいでしょう。

出張や仕事などで食事の時間や場所に制約があったり、外食せざるをえないことが多かったりと、自分で栄養量のコントロールがしづらいこともあります。

外食ばかりだと、どうしても摂取カロリーが多くなりますし、野菜やフルーツといった、必須成分がとれなくなります。

お酒などの飲み物は、栄養は多くないと判断している人もいるようですが、以外とカロリーの高いものですので、飲む時には気をつけましょう。

食事から摂取する野菜やフルーツ類を増やし、極端にならない程度にカロリー制限をすることで、体の調子を整えることができます。

カテゴリー: ダイエット

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です