にきびが口の近くにできた時は、どんなケアが効果的でしょうか。

10代のうちは、額から鼻にかけてのTゾーンのにきびが目立ちますが、年を重ねてからのにきびは、口やあごなどのUゾーンにもできます。

ストレスだたまってホルモンのバランスが崩れると、大人の場合はにきびがふえます。

大人のにきびは、男性ホルモンの働きで皮脂分泌が盛んになることなどが原因でできます。

女性の場合は生理前になると口の周りに、にきびができる人もいます。

ストレスなどが原因で食べ過ぎると胃に負荷がかかり、胃腸の機能が悪くなって、にきびができたりします。

腸の活動が低下していると、便秘のリスクが増え、肌トラブルの要因になります。

にきびができた理由に、ひげ剃りや、化粧による肌への刺激などがあります。

ひげそりに使っているカミソリが汚れていると、毛穴で雑菌が繁殖してにきびができることもあります。

油分を含む化粧成分が毛穴に入り込み、そこで酸化したことでにきびの要因になる場合もあります。

にきびのないお肌になるためには、まず、ストレスをため込まないようにしましょう。

にきびケアのためには、夜更かしは避け、決まった時間に就寝し、起床するという習慣をつけましょう。

胃腸になるべく負担をかけない食生活を心がけたり、ビタミンB群を取るようにする事も大切です。

帰宅後はきちんとクレンジングほ施し、メイクはしっかり落とすことが、にきびケアでは大事です。

にきびのケアを目指すならば、健康的な食事と、規則正しい生活を目指すようにしましょう。

カテゴリー: 美容

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です