にきびケアのためには、しっかりと顔を洗うことが重要になります。

きちんとにきびのケアをするためには、正しい顔の洗い方で、顔の皮膚を清潔に保つことが大事です。

正しい方法で洗顔をすることで、にきびをケアすることができます。

手に多くの雑菌がついていては、意味がないので、顔を洗う前に、しっかりと手を洗いましょう。

ぬるま湯を使って洗顔をすることも、にきびのケアには欠かせないことです。

毛穴を開かせ、皮脂汚れを落としやすくするためには、ぬるま湯が最適です。

冷水では毛穴がキュッと引き締まって、汚れ落ちが悪くなります。

熱すぎる湯での洗顔は、保湿に必要な油分まで失ってしまいます。

事前に濡れたタオルをレンジで温めておき、蒸しタオルをしばらく顔に押しあてることで、毛穴を開かせると顔が洗いやすくなります。

洗顔は泡を使って行いますので、洗顔料は十分に泡立てて、きめ細かな泡をつくります。

泡を顔の上にのせるようにして、優しく顔を洗います。

皮脂汚れができやすい額や小鼻は特に念入りに洗い、にきびを防ぎましょう。

顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。

洗顔料の洗い残しは、にきびケアの大敵です。

シャワーをつかって流水で洗い流すという方法は、にきびには刺激が強すぎるようです。

すすぎが終了したら、こすらないように気をつけて、タオルでそっと水分を吸収させていきます。

お肌にダメージを与えず、にきびをふやさないような洗顔をすることを、目標としましょう。

カテゴリー: 美容

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です