肌質には乾燥肌、脂性肌、普通肌などがあり、個々人の肌の状態に合わせてスキンケア用品を選ぶ必要があります。

特に、乾燥肌はちょっとした刺激でも過敏に反応し、肌が荒れやすくなりますので、スキンケアは要注意です。

どのような理由で、乾燥肌は外部からの刺激を受けて炎症などが出やすくなっているのでしょう。

体の外からやってくる紫外線や乾燥など、有害なものから体を守り、身体機能を維持することが皮膚の役割です。

しかし、この皮脂が一番少ない乾燥肌と言うのは、このバリアが薄く、元々風などの刺激を受けやすい肌質といえるのです。

脂性肌、混合肌、普通肌は、適正な皮脂が分泌されることで、お肌をガードしている状態にあります。

一方、乾燥肌は皮脂の分泌そのものが多くないことから、スキンケアを行っても、肌の敏感さは変わりません。

普通肌や脂性肌のことより、乾燥肌の人は肌の赤みやにきびに注意をする必要があります。

スキンケアに力を入れて、にきび対策や、肌荒れ対策を行いましょう。

肌のコンディションがよくないと、これまでは問題なく利用できていた化粧品で肌を傷めてしまう場合もあるようです。

肌質によっては、いつもは普通肌でも、季節が冬になるといきなり乾燥肌になる人もいるようです。

冬だけ乾燥肌になる人は、どのような原因によるのでしょう。

冬以外の季節は問題ないのに、冬になると乾燥肌になるのは、冬は特に空気が乾いていて、気温が低く、肌にとって負担がかかる季節だからです。

二つ目は、寒い為に体全体の新陳代謝も低下して、お肌のバリアである皮脂の分泌が減ります。

そのため、春や夏は問題がないという人でも、冬になると乾燥肌に近い状態になる人は大勢いるわけです。

毎日のスキンケアをきちんと行うことで、乾燥肌寄りになったお肌を、みずみずしい状態に保つことができるでしょう。

カテゴリー: ダイエット

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です