まつげ専用の美容液や育毛剤を使って、まつげを増やしたいという人がいます。

同じような商品に見えても、まつげ育毛剤とまつげ美容液は全く違うものです。

相違点はどこにあるのでしょう。

もともとまつげ育毛剤は、医療の見地に立って開発され、発展した商品です。

まつげ育毛剤が欲しい人は、昔は、病院で診断をして薬として出してもらいました。

今は医薬部外品のまつげ育毛剤もたくさん販売されています。

しかしながら、まつげ育毛剤が生まれたのはあくまでも医療現場だったということです。

一方、まつげ美容液はスキンケア用品の延長線としてつくられています。

化粧水や、美容液のグループなのです。

まつげに対してどういったアプローチをするかが、まつげ育毛剤と美容液は異なります。

ビューラーやマスカラによって弱ってしまったまつげに、まつげ美容液は栄養を与えます。

太く、くっきりとしたまつげになるために、まつげ美容液はまつげをお手入れします。

新しいまつげを作り出すための細胞に、栄養を送ったり、血流を改善させることが、まつげ育毛剤の作用です。

まつげ美容液を使うことで、今のまつげを豊かにしながら、まつげが減らないようにします。

反対にまつげ育毛剤は、まつげの発毛を促進し量を増やすものと言えるでしょう。

近年では、発毛を促す成分が入ったまつげ美容液や、まつげのトリートメント効果があるようなまつげ育毛剤も人気があります。

育毛剤と美容液、より効果が期待できそうなを選択して、まつげケアに役立てていきましょう。

カテゴリー: ダイエット

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です