Iターン転職で大事なことはたくさんありますが、その中の一つに志望動機をどうするかがあります。

なぜこの仕事に就こうと思ったかということだけではなく、Iターンの動機を説明する必要があります。

できることなら、両者がうまくかみ合った動機が必要です。

志望動機を固めるためには、Iターン転職を思い立つに至ったのはなぜかを、話せるようにしておくことです。

Iターン転職の動機が、都会を離れた地方に憧れたからや、スローライフに憧れたからといった言い回しでは、訴求力はありません。

人によっては、現実と夢のギャップに気づいていない人ではないかと、ネガティブな評価を下されてしまう場合もあるようです。

よりはっきりとした理由を用意しておくことが大事です。

自らの能力や、できることを考慮に入れながら、Iターン転職の動機をまとめていきましょう。

今までの働き方ではどこに問題があり、Iターン転職をすることでその問題がどう解決されるのかを明示するようにしましょう。

そして、その上で、具体的な理由があるとさらに望ましいでしょう。

具体的でポジティブな理由であることが、大事です。

以前の職場環境をけなすようなマイナスの言葉は、可能な限り使わずに状況を説明できることが望ましいでしょう。

転職がうまくいったら自分にはどんなことができるか、そのためのどんな能力があるかなどを話題にするといいでしょう。

Iターン転職の面接で使いやすい話題としては、企業そのものの将来性だけでなく、地域が持っている魅力や将来性を活かす生き方や、働き方をしたいといったことです。

地方には逃避で来たというイメージを持たれないように、Iターン転職をする時には前向きな理由で志望動機を話すことができるように、内容をよく練っていくことが、成功への鍵を握っています。

カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です