Iターン転職では、どのようにして履歴書を書いたかは、非常に重大な要素となるでしょう。

履歴書と職務経歴書は、最初の評価ポイントとなります。

面接までたどり着くには、最低限書類審査をパスしない事には、その次に進めないのです。

履歴書を見た上で、採用担当者は、実際に会うべき相手かどうかを見極めることなります。

履歴書をつくるときに、どういった箇所に気を配ることで、Iターン転職をうまくやり遂げられるでしょう。

履歴書の作成では、普通の転職活動時と同様、要点を押さえた履歴書にすることです。

Iターン転職のために履歴書を書くなら、Iターン転職に至った動機も記入しておきましょう。

一般的にはUターン転職が多いですが、Iターン転職は、全く新しい新天地での転職をするということになります。

未知の土地で暮らすバイタリティと適応力を持っている人物なのかを、会社が気にするのは当然でしょう。

Iターンすることへの意欲や、地方に就職する覚悟をチェックしているのです。

さらに面接のときに、Iターンへの意欲をアピールするきっかけとなるような内容も求められます。

履歴書には、以前の職を離れた要因や、新しい転職先にここを選んだ理由など、面接の場で話にのぼりそうなことを書くように心がけるといいでしょう。

意外と、職務経歴書や、履歴書を書くのは、難しいものです。

履歴書の作成に行き詰まったならば、ネットに公開されている例を参照したり、転職支援会社の添削や作成指導を受けてみましょう。

第三者の視点で助言をもらって、履歴書の完成度を高めることによって、よりIターン転職の成功度がアップすることでしょう。

カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です