もしも、希望の仕事に就職したいと考えているのであれば、自己分析をしっかりつくることです。

就職活動をしていると自己分析という言葉はよく耳にしますが、自己分析とはいったいどのようなものなのでしょうか。

自己分析とは、自分の事を第三者の目線で見ることで、自分の理解するという事です。

納得のいく就職活動をするためには自己分析がいいと言われてましたが、一体、自己分析とはどういった手順で行うのでしょうか。

今までの人生を振り返って、強く心が動いた場面や、現在につながる気持ちの原因はどこかを探します。

時間の経過に沿って順番に、起きたことを並べます。

時系列に沿って事件を並べ、一通り読みなおしてから、この出来事の中から気持ちが浮上した場面と、気持ちがへこんでいた場面を考えます。

今まで最も嬉しかったことは学生時代の部活動で結果が出たことだとか、今まで最もへこんだことは頑張ってつくった作品がいつの間にか壊れていたことなと、ちょっとしたことでも構わないでしょう。

自分の言動や行動を顧みた時に、無意識にしていたことが、仕事と関わりを持ちます。

例えば、先に述べたような場合、この人は負けず嫌いで、おしゃべりが好きなので、営業職が向いているのではないかと言う具合です。

自己分析をした結果、決めた仕事に就職することが、いいことなのかは、確認のしようがありません。

ですが、自分の性格を考えた時に、その仕事が合っていそうだという考え方は、見当違いではありません。

いざ自己分析をしようと思っても、どこから手をつけていいかわからないという人もいますが、まずは何でもやってみましょう。

連想ゲームでもするつもりで、ちょっとしたことでも書き連ねていくといろいろ思い出せてきます。

どんな仕事が自分に適正があるのか、就職活動中に考えることはなかかな難しいものですが、自己分析などを活用していきましょう。

カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です