一旦は勤めた職場を様々な理由で退職する人が出てきますが、仕事を辞める時期というものは、どこで決めるものなのでしょう。
初めて採用された会社を、定年退職するまで勤め続けるというスタイルは、かつての日本ではよくある光景でした。
ですが、近年、日本でも転職は珍しい話ではなくなっています。そのため、退職も、昔よりずっとやりやすくなりました。
ただし、今の自分の仕事を次の人に伝えたり、社内の関係者や取引先に挨拶をしたり、会社での風習やものの考え方によって、退職は神経を使う作業になりえます。
なるべくスムーズに仕事を辞めるには、どのようにそのタイミングで退職するのが良いのでしょうか。
退職しようと決めた時に一番大事なことは、退職時期がいつであっても、突発的な事態で急な退職を迫られているのでない限り、なるべく早めに退職の時期を自分で決めておくことです。
退職をしなければならない事情を明確にして、準備が必要な時は準備を済ませ、余裕を持って上司に相談を済ませておくというのが定番です。
周りの状況や、自分が置かれた条件をよく吟味して、退職時期をいつに設定するのが最も望ましいかを判断します。
仕事を辞める希望時期までの期間が短すぎると、自分のタイミングで退職時期を選ぶことができなくなりますので、気をつけましょう。
企業の仕事は、年間を通して一定ではありません。
多忙な時期に退職する人がいると、仕事が倍加しますので、望まれません。
一方で、ボーナスが支給される時期であれば、急いで退職せず賞与の支給を待ってから退職する方が、より賢い選択といえます。
何もない時期よりは夏休みや年末年始など、長期休みと同時に退職した方が、周囲の人間が休みに入るのと同時に退職することになり、自分にとっても周囲にとっても心理的な負担は軽減されるでしょう。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です