仕事を辞める理由の伝え方次第では、会社の人が不満に思ったり、不愉快になるケースがあります。
円満退社する上でも、仕事を辞める場合には、言葉を選んで退職の意思を伝えたい所でもあります。
仮に、会社に対して文句がたくさんあって、辞めることにしたなら、正直に言うのも考えものです。
どうせ辞めるのだからと、上司に対して不満をありのまま話したりすると、結果的に自分に損になることもあるでしょう。
会社側が、社員が辞めるときの動機に関心を持っていて、可能ならば直したいと思っている場合も少しはあります。
ですが、小さな不満が降り積もって、結果的に辞めるという意思になったという言い方では、相手に何も伝わらないでしょう。
本当に改善の余地はなかったのか、いま一度考え直すように引き止められる可能性もあるでしょう。
辞める理由を大げさに嘘をつくという事も、できれば社会人として避けておきたい部分でもあります。
前向きな理由を述べて、だから仕事を辞めたいと言えば、問題がややこしくなることはありません。
転職先が決まっている場合は、転職後の仕事が自分にとってよりよい条件であることを言えば OK でしょう。
相手が納得してくれやすい理由としては、今後のための勉強や、経験を積むための転職をしたいというものがあります。
今の仕事を辞めると決めた場合、その会社に残って働き続ける人のストレスや、不満を拡大するような置き土産を残す必要はありませんので、むしろ問題を起こさないような辞め方をすることを考えるようにしましょう。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です