何が転職を目指す動機になったのか、採用面接時に尋ねてくる企業は多いようです。
転職の動機についてのアンケートをした場合、一番上位となるのは人間関係という調査結果があります。
人間関係というと職場の上司や先輩、同僚に対して不満があるということですが、退職の動機として正直に話してしまうと問題がありそうです。
前の会社を辞めた理由は、嫌な上司や同僚がいたからですと言ってしまえればいいのですが、面接では言わないほうが結果的にプラスになります。
面接では、自分をどうアピールするかが重要であり、隠し立てをしないことがいいとは限りません。
社会人となり就職をした後に転職ということを考えたことは、誰にでもあることでしょう。
転職をして、今の仕事から解き放たれたいと思ったり、新しい仕事場で働きたいと思うこともあるものです。
転職したいと思っても、すぐに会社を辞めるという行動に移す人は少ないと思いますが、安易な行動は避けるべきです。
会社が変われば、よほどのスキルがない限り、給与が上がるということはないでしょうから、下がることを前提に考えなければなりません。
先のことを深く考えずに退職し、流されるように次の仕事につくような転職のしかたをすると、納得のいかない働き方をすることにもなるでしょう。
人間関係が本当の動機だとしても、転職情報をする時に面接官に話すことになった場合は、もっと耳障りのいい転職の動機を話せるようにします。
後ろ向きな理由で退職したとしても、前向きで積極的な行動によって転職を選んだことを面接時には、志望した動機として伝えることが大切です。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です