転職を成功させるためには、なぜ転職をすることにしたか、動機をどう話すかが重要になります。
大抵は面接などで尋ねられますので、上手に回答が返せるかどうかは非常に大事なところです。
転職での動機のポイントとして、マイナスになる事は言わない事は鉄則です。
面接では、今の職場に苦手な人がいたとか、嫌な相手と問題が起きたという話は、転職を失敗させそこすれ、成功に導くことはありません。
また、前の仕事と比較すると楽そうだからという動機がったとしても、それを採用面接の場で話していい結果が得られるとは思えません。
後ろ向きな理由で転職情報をスタートした人の場合、次の仕事についても、同じようなトラブルを起こして、また次の仕事に行くと考えられがちです。
後ろ向きな理由で仕事をやめて、次の仕事を探しているという人は、少なくとも採用面接の場では、それは言わないことです。
採用面接の場では、転職の動機を話しながら、以前の仕事で積んできた経験や、技術が、これからの仕事にどう使えるのかを話すようにしましょう。
転職と言っても全く畑違いの職種から応募する場合には、経験をどのように活かせるかは難しい所でもあります。
今の仕事を何も知らないことで、理解が早くなるということもあります。
転職のための面接を受ける時は、事実を話す必要がありますが、ネガティブなことを話す必要はありません。
同じできごとでも、表現の仕方を工夫することで、前向きな動機や理由に置きかえることが可能ですので、面接時までに方針を決めておきましょう。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です