大抵の人は、仕事をする動機の一つに、生きるために使うお金の獲得手段だと考えているでしょう。
仕事をすることでお金をもらえます。仕事の内容は、きついものから、簡単なものまでいろいろです。
仕事をすることが楽しくてたまらない人もいますし、嫌々ながら長年やっているという人もいます。
仕事の内容が何であれ、やりがいを実感できる仕事なら、精神的な充足感を仕事から得ることができます。
やりがいのある仕事につきたいと考えて、転職情報をしている人もいます。
仕事のやりがいとは、どういったものでしょう。
基本的に会社は、従業員が豊かに生活ができるようにする責任があるのですが、仕事の内容は様々です。景気が悪くなり、売り上げが落ちる会社が多くなると、社員の福利厚生などはないがしろにされてしまいがちです。
仕事をする時には、やる気をどのようにかき立てていくかがとても大事なことになっています。
いくら収入が上がる仕事でも、やっていて充足感がないと、継続が困難になります。さほど仕事をしていなくても、出勤していればいいというころはもう終わっています。
従って、お金以外の動機で、仕事を続けたいと思えるようになることが、結果を高めることができるポイントです。
会社内には仲間もいますので、そういった人達と前向きに仕事について話をして取り組むということが、やりがいにもつながります。
ほんとやりがいは大事だと思うわ~、家族養うためとかちゃんとしたものがあればいいんだけど、自分みたいなゲイだとそれもないしね。
モチベーションコントロールって自分では言ってるけど、いつも一番に気をつけてるわ。
気がのらないときとか、体が休みたがってるときは必ず休みを取るようにしてて。
海外のエンジニアさんと仕事するようになってから学んだことなんだけど、休むのも大事な仕事!
だと思ってます。。。。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です