多くの企業では、就職試験の第一次選考として、一般常識の筆記試験を行うことがあります。
一般常識試験は、非常に幅広い分野から出題されるので、いざ就職活動をはじめる時期を迎えてから何らかの準備をしようとしても間に合いません。
事前に対策を立ててから就職活動をしようとしても、範囲が広すぎてなかなか終わらず、無駄な手間になってしまいます。
就職活動を成功させるために一般常識問題の勉強を進めておきたいという場合は、できるだけ早く取り組んでおくといいでしょう。
企業が就職試験を行う時に出す問題は、そう難易度が高くはありません。ぼんやりと知っている程度でも、問題の解答が可能です。
色々なジャンルの話を聞いてきますが、詳しく知っている必要はないという利点もあります。難しい問題が出題されないと聞けばほっとする人も多いですが、とにかく広範囲であることが一般常識試験のネックです。
決して難しく考える必要はありませんが、対策のための時間はしっかり確保しておいた方が無難です。
どんな問題が出るのか、過去問を解いたり、経験者の話を聞くなどして、情報を集めましょう。
時事問題や、社会情勢なども問題に組み込まれますので、新聞を読む習慣などがテスト勉強がわりになります。
就職活動用の参考書の中には、一般常識や、世相を反映した問題についてを問題形式で出版しているものもあります。
普段から、テレビや新聞をチェックして、世の中の動きに興味を持つようにしていると、就職活動の時事問題にも対応できるようになります。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です