就職活動の一環として、就職説明会に行く場合は、実際は一次面接を受けるような感覚で行くように心がけましょう。
就職説明会と一口に言っても、どういった段取りで行われるかはその時によって違います。
大きくわけて2つの種類があり、単独の企業が開催する場合と複数の企業が集まって合同で開催する場合があります。
あらかじめの準備が当日になって力を発揮することは、どちらの就職説明会でも同じです。
単独で開催される就職説明会の場合は、大手企業や人気企業によく見られるパターンです。
大勢の人が就職したいと思っている人気企業はたびたび就職説明会を行いますが、予約がなければ入れないこともあります。
就職説明会のうち、単独で開催されるような企業に行くと、抜き打ちテストを受けざるをえなくなったりします。
会の名前は間違いなく説明会になっていたのに、面接や、筆記試験が始まってしまうということがあります。
第一志望の会社が単独説明会を開くのであれば、必ず参加したいところです。
合同説明会に参加することで、求人を出している何社もの企業の話を聞く機会を得ることができます。
人気の企業が多数参加する就職説明会では、混雑が予想されるので優先順位やタイムテーブルなどには気をつけましょう。
大抵の就職説明会では、服装に関する決まりはないですが、就職活動はスーツを着用して行うことがスタンダードになっています。
私は大学生のころ、アパレル業界でアルバイトしてたんですね。
GAP です。
もちろんまったく就職する気はなかったのですが、練習のつもりで受けました。
GAP のアルバイトでは GAP の服を着るのが当たり前でそれがマナーです、と考え新卒の面接でも GAP の格好で行ったんです、東京国際フォーラム。。。。
結果どうだったと思います?実はその面接は合格をいただきました。
時代が就職超氷河期だったので目立ったことがほんとにラッキーにもうまくいったんだと思います。
それにしても、東京国際フォーラムで、私以外みんなスーツという公開処刑を経験したわけで。
どの道いく気はなかったわけで、落ちてもよかったのですが、この経験がのちの就職活動に大きな影響を与えたのは言うまでもありません。
それは何かというと、それ以降の面接で緊張したことがありません、どんな世界的有名企業でも。
それより 1000 人を超える学生にじろじろ見られるほうがよっぽど緊張しました。
以上を踏まえて!皆さんにアドバイスです!
就職説明会や面接は必ずスーツで行ってください!w
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です