高校生が就職活動を行う時には、高校に掲示される求人票を通じて仕事を探すという形になっています。
高校生が求人を見る場合は高校の進路相談を利用します。ハローワークや、就職説明会には行きません。
バブル崩壊前までは就職先も豊富にあったので、専門学科を卒業した人たちは、学校で学んだ技能を生かせる職業に就くことができていました。
高校の普通科を卒業した人でも、就職してからスキルを身につければ問題なく働くことができたため、特別なスキルや資格を持っていない状態でも就職活動が可能でした。
バブルの崩壊後の景気が悪くなった時代は、それまでは中卒の就職活動先であった単純作業を行う職業にも高校生が採用されるようになりました。
その影響により、高校生の就職活動先であった、大学で学ぶような知識や教養を必要としない職業に、大卒者が採用されるといった状況が起こりました。
バブル経済が崩壊した後や、リーマンショックが起こった後など、景気が急に悪くなると各企業は採用を減らすようになり、その影響が出るようになります。
希望の職業につけなかったために数年で仕事を辞めてしまったり、正社員になれずに働きながら就職活動を続けるような人も増加します。
景気回復の兆しが見られず、長引く先行きの不安感から、これまであった終身雇用制も無くなりつつあり、正社員ではなく自由な働き方を希望する人も増加してきました。
逆に、景気が上向くと、各企業は一気に採用人数を増やすので、採用倍率が低くなって、企業が必要な人材が確保できなくなってしまいます。
企業は優秀な人材を確保するために内定時期を早めるケースが多く見られるようになり、あまりに早まってしまった就職活動の開始時期に関して政府より方針が示されました。
景気や時代背景によって民間企業への就職活動は常に変化するものであるので、目先のことで一喜一憂することなく、余裕を持った就職活動を心がけるようにしましょう。
今の有効求人倍率って、1 を超えた状態だから、ほぼ完全雇用よねぇ。
それでもニートって確実に増えてるような気がするの、すっごい身近にいるしw。
簡単な解決方法ってないと思うんだけど、まずは興味がある分野に手を出してみることって重要じゃないかしら。
英語だったりプログラミングだったり、なんでもいいと思うわ。
無職の期間がながければながいほど、社会とかかわるのって難しくなると思うから、手に職があるとぜったいいいと思うわよ!
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です