最近は、転職先や、新しい職場を求めている人の中には、正規雇用ではなく、派遣社員として働こうとしているような人もいます。家事や子育てなど、優先したいことがあるから、フルタイムではなく、パートタイムで仕事をしたいと思っている人もいます。仕事を探すに至る動機は人によって違いますが、派遣として働くというスタイルを選ぶ人も少なくありません。派遣の求人が掲載されている求人情報誌も、この頃は珍しくなくなっています。一般の社員で働くより、派遣の仕事の方が、時給が高いことで人気があります。今後の見通しが立っていなかったり、一つの場所に留まることができないなどの理由で、当面は派遣で仕事をしたいという人もいます。最初は一時的な派遣社員のつもりでも、歳月を重ねるにつれ正社員になることもあります。会社によっては、当初は派遣として採用した人でも、能力の高さや真面目さを買えば、もっと長く働いて欲しいと思うようです。反対に、派遣としての仕事も満足にできていないような状態が続くと、会社が派遣会社に抗議をしたり、契約を打ち切られてしまうことがあります。正社員として働き始めたのに、ものの3年とたたず退職するという人も、珍しくありません。採用する会社にとっても、派遣社員として働いている人の中から良い人材を選んだ方が、より確実で効率の良い採用方法でもあります。転職した時に正社員になりたいと思っていても、状況によってはいきなり正社員より、派遣社員のほうが可能性が開けるということもあります。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です