近年では、雇用の形態にはさまざまなものが登場しています。非正規雇用の割合も上がり、派遣で働く人もふえています。一口に派遣といっても仕事のスタイルは多種多様で、長期雇用で仕事をしている人もいれば、スポット的に働く人もいます。就業時間や休日についても各種用意されているので、自分の生活に合わせてぴったりの仕事を探すのに非常に役立ちます。自営業の手伝いや、農業などをしている人は、特定の季節だけがめまぐるしいほど多忙で、反面、仕事がない時もあります。自分の仕事の無い閑散期には、短期契約の派遣社員として働くことができます。収入が減った時だけ派遣の仕事をして、もとの仕事が忙しくなったらそっちに戻るというサイクルは合理的です。しかし、本業の手があいている時だけは派遣として働きたいと思っても、なかなかそううまくはいきません。派遣紹介業を営んでいる会社がいくつかありますので、そこに登録して、どんな働き方をしたいのかを伝えておきます。こちらの希望に合わせて、派遣先の会社に休日や期間の交渉をしてくれる場合もあります。派遣企業は、登録者の代わりに働き口を見つけてきてくれますので、仕事探しにかかる手間を省くことができます。会社の方も、特定の期間だけ仕事をしてくれる人材を採用するのも手間がかかるので、派遣会社を利用するメリットがあります。もしも派遣の仕事を始めた時は、契約期間が終わるまできちんと働くことです。働き方がよければ、継続雇用の可能性も出てくるでしょう。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です