多くの企業では、就職セミナーに参加する時の服装は何でもいいことになっていますが、どうすることが適切なのてしょう。就職セミナーに来ている人の服装を見てみると、ほぼ全員がスーツで来ています。スーツを着て就職セミナーに行かなければいけないという決まりはないはずなのに、大抵の人がスーツで行くのは、なぜでしょう。スーツで参加する人が多いのは、就職セミナーといっても、就職活動とほぼ同じ意味合いで開催されている面があるからです。採用希望者を迎える側の会社の人達もスーツを着ていますので、参加する側もスーツで行くことが当たり前と解釈されています。具体的には、黒のリクルートスーツを着用して、就職セミナーに行くという人がほとんどです。スーツの色は黒だけではなく、黒や濃い灰色の人もいますが、いずれも共通していることは、リクルートスーツで参加することです。その他の服装で気を付けるべき点では、中のシャツは白が基本であり、ボタンは一番上までしっかりと留めるようにしましょう。靴や靴下といったスーツ以外の着用品も黒にして、眼鏡も黒っぽい色にしておくといいでしょう。どうしてもスーツ以外での服装となった場合には、ラフすぎる格好にならないように注意しましょう。ジャケットやシャツを中心にして、カジュアルになりすぎない、服装を意識してください。就職セミナーは、採用試験に直接結びつくものではありませんが、人事担当者に見られているということもまた事実です。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です