昨今の就職活動の傾向として、エコな業種への人気があります。
大学でも環境に関わる学科や学部が増えています。
環境への関心の高まりは、環境問題に真剣に取り組む必要性が高いことが背景にあるといいます。
様々な仕事のしかたが、エコに関してはあるようです。その中で、エコな就職を決めるには、複数のやり方があります。
就職先を、エコ関係の仕事に携わっているような民間の企業にするというものです。
公務員に就職することで、官公庁の環境維持の仕事をするという方法もあることでしょう。
財団法人や、NPO法人に就職することで、環境に関わる仕事をするというやり方もあります。
NPOは非営利組織のことですか、どんな仕事をしているかは、各NPO法人によって違います。
個々のNPOは、エコや災害など色々な問題に対処するために、必要な活動をしている団体です。
環境問題に関わるNPO法人は全国各地にあるので、エコ就職を希望する人にはぴったりの就職先とももいえます。
ですが、NPOの中には資金の調達に四苦八苦しているというところも多く、給与面はほとんど期待できないというところも少なくはないといいます。
待遇は二の次、三の次で、まず何よりもエコに関わる仕事がしたいんだという人は、NPOは働きやすい場所かもしれません。
NPOで働く人の中には、基礎的な知識や、必要な技術を身につけた上で、何年か後にはエコに関わる会社に再就職して自分の能力を活かしたい人もいます。
エコに関わる仕事自体が、まだ目新しい要素が多いために、基本的な部分を学んでから将来の幅を広げていくというのも、いい方法でしょう。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です