求人数が多くなり、仕事を探す人にとって有利な環境になってきたとはいっても、未だ好景気とは言い切れません。
人材を採用する会社も先行きが読めない状況にあるため、景気の良かった時代に比べると新卒の採用にはそれ程積極的ではありません。
転職希望者だけでなく、新卒で仕事を探している人でも、そう簡単に仕事を見つけられないようです。
そのため、新卒でも仕事探しがきちんとできるような、バックアップ体制が重要になっています。
教授が、自分のところで学んでいる学生の就職先を世話をすることが、一般的になっているような学部もあります。
新卒者か就職を決める時には、そういう教授のコネクションが決め手になることもあります。
学生の就職活動を取り巻く環境は時と共に変わっており、短期間で仕事探しをするようになりました。
就職活動をする学生にとっては、短期決戦をしなければならないので、不安を抱えている人も多いと思われます。
どこか一社でいいので内定を得なければ、気が休まる暇がありません。
就職活動に取り組む学生の立場からすれば、とにかく使えるものは何でも使いたいと思うものです。
学生の就職をサポートするサービスはいくつもあります。
ハローワークや、民間の就職支援会社、大学も利用できます。
就職支援のサポートサービスにして調べておいたり、就職活動中の日程を検討するなどして、ムダのない就職活動をしたいものです。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です