企業が新卒者を新たに採用した場合、しばらくの間は注意深く、採用された人達の精神状態を観察することが大事になります。
大きな期待と不安を抱えながら入社した新卒社員は、ちょっとしたことに動揺して心に疲労を蓄積してしまうことは想像に難くありません。
社会で働いたことが全くない新卒採用者も少なくありませんので、研修を施すだけでなく、精神面のケアも大事になってきます。
精神面の配慮が全くなく、研修の時からハードな環境で仕事を続けていると、思わぬ問題が起きてしまうことも少なくありません。
始めに手を抜かないようにと、立て続けに大変な思いをさせて研修をしていると、1年と断たずにリタイアする新入社員も出てきます。
転職してきた人とは異なり、新卒者は会社で仕事をした経験がありませんから、精神面のフォローについても会社のほうで配慮するようにしましょう。
同じ会社で悩みを打ち明けられる相手がいると、採用後も仕事を続ける意欲を持っていられます。
心の疲れを癒やすためには、抱えていることを信頼できる人に話してしまうことが効果的だからです。
新卒の社員自身に気づかれないようにしながら、相談相手を決めておくなどの方法も効果があります。
相談ができる相手としては、直接指導している上司にならないようにしましょう。
率直に自分の考えを話せて、何でも悩みが話せるような間柄になるには、直属の上司では関係が密になりすぎて、逆によくありません。
どうして働くのか、仕事に何を期待しているかは、時流の変遷と共に変化するものですので、社員へのフォローの入れ方も変わるものです。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です