新卒者を採用する企業は多いですが、中途採用ではなく、何の職歴もない新卒者を採用する利点とは、一体どういったものでしょう。
日本の雇用システムにおいては長年、新卒の学生を採用することを前提とした会社の組織を構築するシステムが取られ続けてきたという背景があります。
新卒に対する採用枠を毎年一定数もうけている企業が多いのは、会社サイドからしても、学生サイドからしても、長所が多い仕組みだからです。
新卒の学生からすれば、新卒者を採用する企業の仕組みがあることで、社会人経験がない段階で仕事につくことが可能になります。
一定の経験や、技術を持っていなければ、会社に就職したくても就職できないことが、海外では当たり前の就職事情です。
社会で働いたことがない人でも、新卒ならば採用の対象になる日本の就職システムは、学生にとっては都合がいいものです。
今まで、社会で働いたことがない人でも、まずスタートを切ることができるのです。
給与をもらいながら研修などを通じて、少しずつスキルアップをする事が出来る仕組みが、日本の会社には整っており、その仕組みが一般的となっています。
企業側から見れば、社員を教育する時にかかる費用が安く澄むということが、新卒を採用する利点といえます。
新卒でまとまった人数を採用すれば、皆、知識レベルや、教えるべき内容は同じようなものになりますので、最初のうちはひとまとめに社員教育ができます。
転職採用は、採用する予定の一人一人に対して別々の日程を組むことになりますが、新卒に対しては、何人かをまとめて面接や採用手続きをすることができます。
新卒を採用することにすれば、毎年、決まったルーチンの中で面接や採用の合否判断をすることがてきますので、合理的な人材確保ができます。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です