会社が、求人を出す時には、気をつけなければいけないことは何でしょうか。
応募者の視点に立った求人内容にすることが、良い人材を採用する場合には必要になります。
大抵は、求人票を作成する時には企業側の意思に基づいて書かれていますが、今は売り手市場なので、そうもいっていられません。
優秀な人材を求めて求人を出している企業サイドと、仕事を求めて求人を見ている応募者サイドは事情が違います。
事業拡大や、新規部署の設立など、会社が人材を求める時には、その背景によい理由があるケースが多いものです。
売り上げが伸びているので、生産量を増やすために人材を求めていたり、今後の目的をクリアするための戦力を求めているなどです。
しかし、求人をチェックしている人の中には、物事をネガティブな視点で見ている人が多いものです。
新たに人材を募集するのには、後ろめたい理由があり、広告にはあえて明記していないなどと、根拠のない考えを持つことも珍しくありません。
業務がうまくいっていて、人を増やしたいといったよい理由で人材募集をかけているような会社は、仕事を探している人が勘ぐらないような書き方をするといいでしょう。
経営がうまくいっているので待遇がよくなっているなら、そういった説明を求人の中に書き加えておくことで、人目を引くようになります。
無闇に待遇のいい求人があると、素直に喜ぶよりは、どんな裏事情があってこういった求人を出すに至ったのかを怪しむ人は少なくないようです。
ネガティブな疑念を抱かせずに求人票を見てもらうには、人材募集の際に懸念点のないようにしておくことが大事です。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です