採用担当の仕事を受け持つことになった人は、まず、求人票を作成し、どこに出すか決めなければいけません。
求人情報といっても、はじめての人事担当者ならば、何をどのようにすれば良いのか分からないことも多いものです。
どうすればいいかわからない時は、自分自身が求人票をチェックしていた時に、どういうことを考えていたかを思い出してみるといいかもしれません。
求人票をつくる時には、自分の経験を思い出してみることが、鍵を握っています。
働き初めてから何年も経過していて、当時のことはぼんやりとしか覚えていないとなると、求人で書くべき内容も曖昧です。
自分が求人票を見る側だった当時の気持ちを忘れてしまったという人は、せめて最低限の事柄ぐらいは頭に入れておくといいでしょう。
どんな能力を持つ人材を必要としているか、具体的な募集をかけたほうが、期待どおりの人材が来るでしょう。
具体的な情報があればあるほど、応募者は仕事に対してイメージしやすくなり、応募へとつながります。
仕事を進める先に、求めている資格を持っていないような人ばかり集まってきても、応募者の中に期待する人材がいないこともあります。
求人の内容が曖昧だと、応募する側と、企業側とで、必要とする能力のミスマッチが起きることがあります。
人手不足で、人材を集めたいと思っている会社でも、この業界についてよく知っている人材を採用したいと考えていたりします。
会社が求める人材に合致する人が、なかなか応募者の中に現れないということも、珍しくないと言われています。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です