円満退職をすることは、転職先を無事決めることができた時に残っている最終関門であるともいえます。
円満退職をすることで新しい職場での好調なスタートを切ることができるといっても過言ではありません。
上司にまず退職の話をする時には、上司の手があいている時を何とかうまく選びたいものです。
普段の仕事に支障が生じないように配慮して、退職の意思を伝えるようにするといいでしょう。
転職をすると家族への影響は大きいですから、事前によく話をしておきましょう。
家族の協力があれば、転職情報は断然やりやすくなります。退職することは、正式に決まるまではうかつに口にしないことです。
未確認レベルで退職の話が社内に流れると、ぎくしゃくした雰囲気になることがあります。
退職をすることが決定したら、具体的に何日まで出社するかは、上司と打ち合わせるようにします。
退職までにしなければならないことなども含めていい日を決めましょう。
転職先企業の受け入れのこともあるので一度決めた入社日は変更しないようにしましょう。
引き継ぎ事項をまとめておくことも、円満退職では欠かせません。
その人の価値は、いなくなった後にわかることもあります。
これまでの信頼を保てるように、問題の起きない引き継ぎをしたいものです。
できれば退職3日前までには必要な手続きを全て終わらせるようなプランをつくりましょう。
最終日まで、誠心誠意心をこめて仕事に向き合う姿勢を持ち続けることが、円満退職をするために心がけたいことといえます。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です