転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。
やめる会社であっても社会人の常識としてきちんとした形で退職するべきです。
新しい会社でも仕事の関係で関わる人もいるかもしれません。
急な退職は、後味の悪い辞め方になってしまうことがありますので、2カ月くらい前に直属の上司へと、やめたいという気持ちを相談をもちかけておくことです。
退職の意思を表明するのは同僚からではなく、直属の上司にまず話を通すという形が、円満退職をするためのマナーであると言われています。
直属の上司を飛び越して、その上の人に話すと、上司の顔をつぶすような事態になります。
直属の上司に打ち明ける時には、相談をするというスタイルがいいでしょう。
退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。
そこで初めて正式に退職が決まります。
正式に広報されるまでは同僚や部下、先輩などにも言わないというのが円満退職のポイントです。
社外に関係する理由で、退職をするという体裁が、円満退職では大事です。
社内の問題が爆発して退職になったという話を暴露しまうと、円満退職にならない場合が多くなるでしょう。
へたをすると、ひきとめられてしまう可能性もあります。
もしも円満退職をしたいと思っているなら、どのような事情があっても、会社への不満は飲み込みましょう。
会社の人達といい関係を築いたままで円満退職をしたいなら、自己都合や、自分の可能性を摸索するためなど、ポジティブな理由で退職をしましょう。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です