近年、求人数は非常に増えており、就職市場は売り手側が有利になっているようです。
就職する側にとっては様々な企業に思い切ってチャレンジできるだけでなく、職業選択の幅が広がりとてもいい傾向といえます。
ですが、メリットばかりではなく、注意しなければならないことも存在しています。
人材を獲得することが困難になっていることから、簡単に採用を決める企業も多くなっているためです。
採用が決まったという人も、自分が価値ある人間だから採用されるのだという誤った価値を持つような人もいます。
仕事をはじめてしばらくしてから、適正面に問題があることに気づく人もいます。
必要な人材だと見込まれての採用なのかを確認するために、企業の採用試験には、大抵は最後の当たりで面接を行っています。
個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、理想はある程度の責任のある人が個別で面接してくれるケースです。
大抵の場合は、事前に提出している履歴書や、職務経歴書を見ながら話を進めます。
とはいえ、履歴書に書いてあることをなぞるだけの質問であれば、警戒する必要があるでしょう。
面接で話す内容が、履歴書を読めばわかる程度のことであれば、企業側が本気で有力な人材を探しているかは怪しいものです。
もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接をする必要はありません。
企業サイドが、真に会社にとって有益な人材を見つけ出したいと思っているならば、形ばかりの面接に終始するといったことは起こりえないでしょうしね。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です