大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。
日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。
終身雇用制が基本の日本では、一旦採用を決めたら、定年になるまでずっと働き続けてもらうという雇用関係になっています。
ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。
こういった時代の流れもあって、定年までこの会社に勤め続けるべきなのか、別の会社に行くべきかという点についてを検討する人が増加しています。
日本では、30歳前後が最も転職をしやすい時期だと言われています。
そのため、30歳ぐらいで転職をする人が大勢いるといいますなぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。
今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。
経験の中でしか培うことができない技術や、判断力なども、10年分の社会人生活で身に付けられている年代です。
そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。
30代を過ぎて、40代に差し掛かると、転職にかかる難易度が高くなってしまいます。
今のうちに転職をしたいと思うようになる人も少なくありません。
若い人ほど、転職情報では採用されやすくなります。
30歳前後とは、転職情報を何の問題もなく成功させるためには、ギリギリくらいの時期といえるかもしれないわね。
仕事もプライベートものってる時期なんじゃないかしら。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です