この頃は、就職を希望しているニートの人を支援するための公共サービスが充実してきています。
ニートという単語は広く知れ渡るようになりましたが、言葉の意味はどういったものでしょう。
ニートとは、学生の身分ではなく、何らかの仕事をしておらず、職業訓練中でもない人というニュアンスになっています。
家庭の都合や、心身とのかかわり、資金面での問題でニートになる人もいて、背景にあるものはそれぞれ異なります。
就きたい職業があっても年齢制限があって就職できないなどの理由による人もニートに含めることができます。
様々な事情で、ニートは働けなくなってしまっていますが、多くの場合、周囲の人はニートであることに理解ができないものです。
働きたくないから働かないのではないかという疑いを、ニートに対して抱いているような人もいます。
身体的な問題や、精神的な問題で仕事が続けられないと、就職が困難になることがあります。
就職支援サイトの中には、ニートの人が仕事を探しやすいように、ニートの人に紹介できる求人を分類分けしていたりします。
ニートに対して就職活動を後押しするようになったのは、どういった理由が考えられるのでしょう。
うつやパニック症候群といった精神的な病気を持つ人が増えて、企業も働く人の精神面での援助などが必要となり、ニートの補助をする人が多くなったからとも言われます。
長くニートをしていると、それだけ再就は困難になります。できれば20代のうちに就職先を見つけて、ニートを脱して次のステップへと進んでいきましょう。
周りも心配よね。。。
カテゴリー: 転職

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です