就職時に行われる面接では、面接官からの質問に回答することが必要となるわ。
スタンダードな面接での質問は、入社希望の理由や、どういった働き方をイメージしているのか、ということではないでしょうか。
それ以外に、面接でよく質問されることといえば、現在に至るまでどういった仕事を経験しており、どんな資格や技術を持っているかです。
面接対策の一環として、高確率で聞かれる質問については、答えを用意しておくことがポイントです。
採用する側の会社も決まりきった質問をしていては、多くの人の中から選考するための材料を得ることができません。
お定まりの質問に対しては、お定まりの答えがあります。判で押したような答えしか得られないようでは、面接の意味がなくなってしまいます。
想定外の質問がされた時の対応は、面接官も特に注視しているので、対応いかんによって評価が大きく分かれるポイントです。
自分の価値を会社に対して売り込むためには、面接の場で、相手の質問を受けた時に、その意図を理解することです。
面接官が質問をし、応募者が答えるというやり取りが基本になりますのから、質問をされた時は質問内容と相手の意図を知ることが大事です。
場合によっては、相手がどういうことを聞きたいのかを、再度確認せざるをえないこともあります。
回答の内容そのものも重要ですが、難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象となっています。
質問と答えというやり取りだけが面接ではありません。
相手の質問意図を読み取ることや、相手の言葉を聞く姿勢なども重視したいものです。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です