採用の可否を決める人は、面接の場で応募者と会った時に、一般的にはどのようなところを見ているのかしら。
面接の場では、質問にどのように答えるかも重要なことですが、それ以外の点でも、知っておくと効果的なこともあると思うの。
見た目は、とても大事なところ。
外見で人を決めつけてはいけないといいますが、外見が他人に与える影響は大きなものよね。
採用担当者は服装や清潔感などを観察しています。
見た目の対策をすることは、採用の成否を左右するといっても過言じゃないわ。
話し方を注意することも、重要になります。
ゆっくり話す人、終始早口な人、尻すぼみの話し方になる人、自信なさそうな話し方になる人など。
話し方はの違いは、意外と相手に与える印象を変えるしね。
面接の場では、落ち着いた口調で、しっかりと自分の意見を話せるような話し方がいいでしょう。
一緒に仕事をしていく上で、信頼性がある相手であると思えるような話し方をすることです。
より長くこの人と話を続けていきたいと、面接の場で相手に思ってもらえれば、成功です。
聞き方が巧みな人であれば、面接の場で、担当の人が話をしていて心地いい気持ちになれると感じるでしょうし。
話しをしている時の表情や態度についても、面接では確認されています。
緊張しすぎずに自分のことを話せるように、面接の場では相手のほうを見て話ができるように、気構えをした上で採用を目指すようにしましょう。
最後はね、やる気があるかどうかだと思う、それが伝わるかよ。ってもういいかしら。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です