採用試験における面接試験とは、企業からも、求職者からも、正念場といえるようなものではないでしょうか。
新しい職場を探している人からすれば、面接をうまく乗り越えて採用担当者にいい印象を持ってもらえれば、就職先が決定するのだから、結婚みたいなものよね。
面接の重要性を踏まえた上で、対策を講じることがポイントになってくると思うの。
どうすれば、面接を成功させて、採用先の企業を決めることができるようになるのかしら。
面接では何を聞かれるか、相手企業は何を知りたいと思っているかを、おおまかに推測してみることをお勧めするわ。
面接の場で話を向けられたら、どんな話をするかを、まずはイメージ。
多くの場合、採用者に対する大まかな期待感を、採用担当者は持っているもの、勝手なイメージ先行しちゃうもんね。
それでも、そのラインに入るように心がけることが、ポイントだと思うの。
いい意味で裏切るのはいいけど、悪い意味で裏切った場合、もう無理よね。
質問をされた場合の答え方についても、凡庸な答えや、教本に書かれていることをそのままなぞらないように。
ですが、突飛な回答ばかりすることも考えものですので、相手の印象に残るような、状況に合わせた受け答えができるようにしましょう。
応募者が答えに詰まりそうな質問をすることで、応募者一人一人の個性を見極めようとするような企業も、存在すると言われています。
採用のために、面接の準備を完璧に仕上げるのは大変。
でも、やる気次第よ。。。
カテゴリー: 転職情報

wpmaster

アラフォーゲイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です